風水鏡の口コミと効果!開運したいなら鏡は大切なキーワードだった

風水鏡の口コミと効果!開運したいなら鏡は大切なキーワードだった

風水的に、鏡は開運のアイテムだと言われています。

鏡は、使い方によっては開運アイテムにもなり、そして置き方を間違えてしまうと不運を招くことにもなりかねません。

風水鏡の口コミ、そして効果について解説していきましょう。

風水的に鏡は開運できるものなの?

風水ては、鏡を置くことで気の流れをよくしてくれると言われています。

鏡というのは、その人を映し出してくれるものでもあり、過去から今現在までを映し出してくれるものでもあるのが鏡なのです。

鏡には、あなたの全てが映し出されます。

今のあなたが、幸せなのか、幸せじゃないのかも鏡を見ればわかります。

人は、鏡を見ることで「今の自分」を知ることができるのです。

玄関に風水鏡を置くことで気の流れを最大限にする?

風水鏡を置くことで、気の流れが良くなると言われています。

そんな風水鏡ですが、玄関に置くことで気の流れを最大限にすることができます。

玄関は、気の流れが一番顕著な場所です。

鏡を置くことで、悪い運気を跳ね返してくれて良い運気を運んできてくれるのです。

ただし、玄関は玄関でも置く場所を間違えてしまうと開運することができなくなってしまうのです。

玄関入って突き当たりには風水鏡を置くべからず

玄関を入って真正面、つまり突き当たりの場所には、絶対に風水鏡をおいてはいけません。

なぜなら、せっかく入ってきた良い運気を反射して跳ね返してしまうことになるからです。

風水鏡を置くなら、玄関入って右側か左側です。

玄関を背にして右側に置くと、仕事運がアップし、左側に置くと金運がアップすると言われています。

ここで気をつけなければならないのが、「絶対に右側、左側ともに鏡をおいてはいけない」ということです。

右側が仕事運で、左側が金運なら両方におけばいいかと考えるのが、人の思考ですよね。

でも、両方に置いてしまうと「合わせ鏡」になってしまい、風水的に合わせ鏡は悪い運気を読んでしまうことになるのです。

そのため、どちらかより一層開運したい方に鏡を置くと良いでしょう。

玄関に置く鏡はどんな形がいい?

風水鏡の口コミと効果!開運したいなら鏡は大切なキーワードだった

玄関に置く風水鏡で一番良いのは、風水的に一番効果が高いと言われるのが「八角形の風水鏡」です。

八角形の鏡というのは、色々な良い運気をもたらしてくれると話題にのぼり、多くの方々が玄関に八角形の風水鏡を置かれた時期もあるほどです。

八という数字は、中国では末広がりを意味する数字であり、とても重宝されている数字でもあります。

一番オススメの形が八角形の鏡であり、丸型の鏡も良いとされています。

丸型の鏡の場合には、できる限り大きめの丸型の鏡を設置することで、開運できると言われています。

風水鏡でよりいっそう開運するためには?

風水鏡でよりいっそう開運したいと思われてる方は、玄関に風水鏡と一緒に観葉植物や花を飾ることでよりいっそう開運に導くことができます。

観葉植物や花を鏡と一緒に置くことで、万が一悪い運気が迷いこんできた時に吸収してくれる役割を果たしてくれるのです。

いうならば、スポンジのような役割でしょう。

ただし、花や観葉植物は絶対に生きている植物を飾ってみてください。

どういうことかというと、造花などは生きていない花ということになります。

造花などは、呼吸していないため、悪い運気を吸収してくれません。

造花を飾っても、何の意味もないということです。

インテリアとしては良いかもしれませんが、風水の観点からするとあまり良いことではありません。

風水鏡の口コミ

風水的に、玄関に鏡を飾るのが良いというのは知っていましたが、飾る場所や形まであるとは知りませんでした。

実は、一時期収入が減りあまり良くないことばかり起こっていた時期がありました。

その時というのは、玄関に合わせ鏡をしていたのです。

もちろん、何も知らなかったためやってしまっていたのですが、右側に四角い大きな鏡、そして左側にも小さな鏡を置いてしまっていたのです。

早速、左側の鏡を置くのをやめてみたところ、少しずつですが悪い状況から抜け出せるようになってきました。

いろいろなことがスムーズに進んでいくようになりました。

鏡が良いという一部分の情報だけで判断し、勝手に欲張って色々なことをしてしまった結果だなと反省しました。

今現在の家では、八角形の鏡を玄関に置き、幸せな日々を送っています。

風水的に玄関を整えることで、良い運気をいただけるということを身をもって体感しました。

風水鏡は、開運していくために手軽にできることなので、2018年の開運に向けて置かれてみてはいかがでしょうか?